「マーケティング」とはそもそもなんなのか?

「マーケティング」とはそもそもなんなのか?

「マーケティング」という言葉をよく耳にすると思いますが、
難しい、専門的な知識をつかって分析をすることをイメージする方も
多いかと思います。
ウィキペディアで「マーケティング」を見てみると、

 

マーケティング(英: marketing)とは、
企業や非営利組織が行うあらゆる活動のうち、
「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、
顧客がその商品を効果的に得られるようにする活動」
の全てを表す概念である。

 

としています。

 

つまり、マーケティングとは、
人はどんなものを商品を求めているのか?
そして、その商品を作り上げたとして、
その商品が、どうすれば求めている人の視野に入るのか?
そしてその人が、その商品を購入して、
求めていた効果を得られるようにするには、
どのようにすればより適切なのか?
という事を考えることだということです。

 

あなたは例えばこのような経験はありませんか?
友人にたまたま薦められたお菓子をひとつつまんだら、
ものすごく美味しくて、それから自分でもそのお菓子を買うようになり、
ハマってしまった。

 

この出来事を考えてみると、もし、友人が
あなたにお菓子を薦めてくれていなければ、
あなたは自分が大好きになるお菓子の存在すら
知らないまま生きていくことになっていたはずです。

 

これはお菓子を作っている企業、販売している企業、
そして何よりあなたにとって大きな損失ではないでしょうか?
せっかくよいものを作って、
それを手にしたら好きになる人がいるのに
それが起こらないというのは
とても残念なことですよね?
マーケティングは、このような残念なことの
逆を目指しておこなうわけです。

 

人が何を求めているのかを考え、あるいは先回りして作り出し、
その人のニーズに応えられる商品を作り、
それをどうすればうまく伝えられるのか?
ということを考えるものです。

 

せっかくお菓子そのものがよくても、パッケージのデザインがイマイチでは、
人は手に取りません。

 

パッケージがよくても、物自体を知ってもらわないと
パッケージも見られませんから、どんな広告でアピールするかも重要です。

 

それがどんな年代の人が、
何時頃に買って、何時ころに食べるものなのか、
手を汚さず、片手で食べれるものなのか、
一人で食べるのか、友達とワイワイ食べるのか、
などなど、その商品がどのような人にどのような場面で
よく利用されるのかの想定によって、
パッケージのデザイン、広告を出す媒体、時間帯、
季節など、何がふさわしいかが違ってきます。

 

このように様々な要素を可能な限り想定して、
「どうすれば届くのか?」ということを必死に考えるのが
マーケティングであると私は解釈しています。

 

マーケティングは、楽しい世の中、便利な世の中の
「潤滑油」と考えるのがよいのではないでしょうか?

 

このサイトの「営業、集客、マーケティングの知識コーナー」では、
ただ単に専門用語の解説をするのではなく、
楽しんで読みながらマーケティングを学べるような
文章を書いていきたいと思いますので、
よろしくお願いいたします。

 

 

マーケティングとは営業、集客、マーケティングの知識トップへ

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク