債権回収の際の差押え、仮差押えの違い

債権回収の際の差押え、仮差押えの違い

取引先から売掛金、販売代金など債権回収を
行う際、取引先が自発的に支払いをしない場合、
国家権力をつかって、強制的に
債権を回収をすることを考えなければならないわけですが、
今回は、差押え、仮差押えについて説明します。

 

差押え、仮差押え

差押え、仮差押え、いずれも債務者の手元にある財産に
「他者に渡すなよ」という働きかけなわけですが、
差押えの場合は、裁判などで債権者の権利が確定していて、
いよいよその財産を処分して、
債権の回収に充てる段階にするものです。

 

仮差押えは文字通り、「仮」ですので、
まだ裁判などで確定していない段階でおこなうものです。

 

債権者が訴訟をする前にするのが一般的です。
強制執行を行うためには、裁判の判決書などの
「債務名義」というものが必要
です。

 

この債務名義を取得するまでに時間がかかりますので、
その間に債務者に財産を処分されてしまうと、
せっかく裁判に勝利し、債務名義を取得したのに、
財産が何もないとなると、
判決書はただの紙切れになってしまいます。

 

ですので、裁判をする前に、
「この財産を処分するなよ」
とやっておくわけです。
(ですから、債権者は仮差押えの準備は債務者にバレないように
調査をし、債務者としてはある日突然、
仮差押えをくらうということになります。)

 

財産の代表的なものは土地、建物の不動産ですが、
差押えはもちろん仮差押えも、
登記簿に記載されます。

 

仮差押えのついている不動産はまず売り物にならない

仮差押えが入っても、理論上、
債務者は不動産を売却し、所有権を移転させることはできますが
裁判で負けた時は、その新しい所有者は
その不動産を取り上げられることになります。

 

ですから、仮差押えのついている不動産は
まず売り物になりませんので、
債務者としては差押えでも、仮差押えでも
事実上ダメージは同じということになります。

 

また、登記簿は誰でも取得することができます。
つまり、仮差押えが入っていることが
周知の事実となります。

 

所有不動産に仮差押えが入っているとなると、
その会社の経済状況が厳しいことを露呈することになりますので、
周囲はその会社との取引を控えようという心理になるので、
本業にも響くことになりますので、仮差押えを入れるだけで債務者に
相当な心理的圧迫を与えることができます。

 

仮差押えをすることで自発的な弁済を促すことにもつながる

これにより、仮差押えをすることにより、
裁判までいかずとも
「債務を履行するので、仮差押えをはずしてください」
ということになり、自発的な弁済を促すことにもつながります。

 

裁判で勝って債務名義を取得して強制執行をするよりも、
債務者に自発的に弁済してもらった方が債権者も
時間と労力は大幅に少なくてすみます。

 

このように、法的手段で「最後」までいかなくても
「最初」の仮差押を入れるだけで、
いままで支払いを渋っていた債務者が支払いをするということは
多くあります。

 

債務者がダラダラと支払いに応じない場合は、
仮差押えを検討してみてはいかがでしょうか?
こちらから専門家を探すことができますので検討してみてはいかがでしょうか↓

お住まいの地域で予算、都合に合う優秀な弁護士の探し方

 

債権回収の際の差押え、仮差押えの違い起業、開業、経営に役立つ知識トップへ

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク