少額訴訟手続きの流れと費用について

少額訴訟手続きの流れと費用について

少額訴訟とは

少額訴訟とは、通常訴訟の簡易版で、
60万円以下の金銭の支払いについての訴訟です。
(金銭の支払いに限りますので、
モノの引き渡しを請求するような簡易訴訟ではできません。)

 

少額訴訟は簡易迅速

簡易迅速をモットーとした制度ですので、
原則として1日の期日で判決が言い渡されます。
すぐに結果が出るのでよいのですが、
複雑な案件を精査しにくいというデメリットもあります。

 

原告の請求が認められる場合でも、
分割払い、支払猶予、遅延損害金の免除などをされた
判決も出ますので注意しましょう。

 

少額訴訟の申し立て

少額訴訟の申し立ては、
被告の住所地(会社であれば会社の所在地)を
管轄する簡易裁判所

訴状を提出して行います。
なお、少額訴訟は同じ簡易裁判所で1年10回までしか
提起することができません。

 

裁判所に支払う申し立て費用

裁判所に支払う申し立て費用は、収入印紙として支払います。
その額は、60万円の場合6,000円です。
(少額訴訟の場合、請求する額の10%と認識しておくとよいでしょう)

 

弁護士や司法書士などに依頼する場合

弁護士や司法書士などに依頼する場合は、
別途その費用がかかります。
訴状だけ作ってもらって、あとは自分でやるというような事も
できるかと思いますので、費用の面も含め
まずは相談をしてみてはいかがでしょうか?

 

こちらから専門家を探すことができますので検討してみてはいかがでしょうか↓

お住まいの地域で予算、都合に合う優秀な弁護士の探し方

 

少額訴訟,手続き,流れ,費用起業、開業、経営に役立つ知識トップへ

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク