売掛金、代金の未回収を防ぐ方法〜契約前にできること〜

売掛金、代金の未回収を防ぐ方法〜契約前にできること〜

ビジネス、経営を行う上で、売上を上げることも重要ですが、
その代金、売掛金をしっかり回収することも同じぐらい重要です。
取引先などとの関係で、あまり強くも言えず、
なあなあになって売掛金を回収できないまま、
時間が経ってうやむやになってしまった経験のある経営者の方も
多いのではないでしょうか?

 

資金繰りに余裕がない時など、
売掛金を回収できないまま黒字倒産と
なってしまったという話も珍しくはありません。

 

今回は、その代金回収、売掛金回収をしようとするとき
どのような選択肢があるのかというお話です。

 

契約前にできること

まず、契約前の段階から、代金、売掛金の焦げ付きを回避するために
できることは色々あります。

 

これから初めて取引をする相手の場合、
法人であれば商業登記簿をとって確認をしましょう。
知り合いの紹介だとしても、登記簿は取得しておいた方がよいでしょう。
会社のホームページがある場合、商業登記簿と異なる点はないかなど
チェックしましょう。

 

また相手先の不動産を所有している場合は、
担保に取ることもできますので、不動産登記簿を取得してみましょう。

 

これに抵当権や根抵当権を設定することで、
代金、売掛金の担保とすることができますし、
すでに抵当権や根抵当権がたくさん設定されている場合、
資金繰りがうまくいっていない可能性もありますので、
そういったチェックにも役立ちます。

 

契約段階でできること

契約の際は、自社で契約書を作り、契約を交わしましょう。
ここで面倒くさがって契約書を作成しないまま契約をしたことで、
あとあと大変になったという例はたくさんあります。

 

金額の大きな取引であればあるほど
契約書は重要です。
ひな型などがネット上にありますが、
行政書士や弁護士など専門家に依頼することで、
契約書という紙を作ることだけでなく、
事前に登記簿で調べた内容について
アドバイスをもらうことができますし、
相手方も専門家が作成した契約書ということで、
多少プレッシャーを感じ、債務の履行を促す効果もあるかと思います。

 

代金の未払いを起こす会社は、たいていあなたの会社だけでなく、
他の会社への代金の支払いも滞っていることが普通です。

 

そういった債務者は、たいてい「面倒くさそうなところから」支払います。

 

支払いを滞っていても何も言わなそうな、
ノンキな会社ですと、支払いは後回しにされ、
最終的には、踏み倒されてしまうということになります。

 

ですから、契約段階から「ちゃんとしてるな」と印象を持たせた方が、
売掛金、代金の未回収を防ぐことにつながります。

 

取引先の支払いが滞った場合の方法については、
別の回で詳しく説明しますが、そうなってからでは非常に面倒で、
時間も労力もとてつもないものがあります。
ですから、最初の段階でこのようなことを未然に防ぐ手を
打っておくのが得策なのです。

 

また、そもそも代金をきちんと支払う取引先においても
しっかりと契約書を交わすことで、
その後の付き合いを考えても信頼が増しますので、
そういったメリットも踏まえ、
契約前のチェックをし、契約書の作成は専門家に依頼することで
契約の滑り出しをしていただければと思います。

 

こちらから専門家を探すことができますので検討してみてはいかがでしょうか↓

お住まいの地域で予算、都合に合う優秀な弁護士の探し方

 

売掛金回収,代金回収,方法起業、開業、経営に役立つ知識トップへ

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク