領収書は必ず発行しなければならない?

領収書は必ず発行しなければならない?

領収書は、受領者が債務者に対して発行する
債務の弁済を証明する書類です。

 

領収書は金銭の支払いだけでなく、
書類や商品の受け渡しの場合も、
受領書等の名称で発行することもあり、
取引明細書など、債務の弁済を受けたことが明記されていれば
領収書として法的な効力を有します。

 

領収書は、支払った側からは、自分が支払ったことを証明でき、
二重払いを防ぐことができ、
受け取った側からは、受け取ったことを証明でき、
経理事務や税金申告に必要な書類となります。

 

領収書は必ず発行しなければならない?

領収書は、必ずしも発行しなければならないものではありません。
ただし、債務者が領収書の発行を求めた場合は、
領収書を発行しなければなりません。

 

 

相手が履行するまで、自分も履行しない
ということが法的に認められることを
「同時履行の抗弁権」といいますが、
債務の履行と、領収書の発行は、
この同時履行の関係になります。

 

つまり、債務者が「領収書を出せないならお金を支払えない」
という主張は法的に認められ、
このことにより、支払い期限をすぎて履行をしない場合でも
「履行遅滞」とはなりません。

 

債務者としては、領収書をもらえなければ
もしすでに履行したのに、債権者に「まだ履行してもらっていない」
と言われたら証明できず二重払いを強いられる危険性が
あるので、「領収書が発行されないないなら履行しない」
という主張も決して厚かましい主張ではないわけです。

 

なお、領収書を紛失し、相手方に領収書の再発行や支払証明書の
発行を請求した際ですが、
再発行に応じる義務はありません。

 

領収書を再発行する場合は、領収書に「再発行」の文字を入れ、
再発行した日の日付を入れるようにしましょう。

 

お住まいの地域で予算、都合に合う優秀な弁護士の探し方

 

領収書,発行起業、開業、経営に役立つ知識トップへ

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク