税理士に相談できること、依頼するメリット

税理士に相談できること、依頼するメリット

起業や経営をする際に、
さまざまな専門家のサポートを受けることで
起業家や経営者の負担を軽減し、
さまざまなメリットを享受することができます。

 

今回は、税理士にどんな相談をすることができるのか、
依頼することでどんなメリットが得られるのかというお話です。

 

税理士は「税金の専門家」というイメージがあるかもしれません。
もちろん、税金の専門家であることは間違いありませんが、
記帳と税務申告など税金関係についての事務処理だけを
やってくれるというだけでなく、さまざまな相談にのってくれ、
経営者をサポートしてくれる方も多くいます。

 

税理士がサポートしてくれること

これから起業しようとする方であれば、
法人設立の手続きや、適切な資本金、
事業年度(決算月)の設定の仕方
資金調達の仕方についてもサポートしてくれます。

事業年度(決算月)の設定の仕方

「事業年度(決算月)の設定の仕方」と言われても
ピンとこないかもしれませんが、
株式会社の一年をどこからどこまでの区切りにするかを
決めることができます。
3月決算で、4月から新しい期が始まるというイメージが強いかも
しれませんが、実はすべての会社がそのサイクルで
動いているわけではありません。

 

業種、業態によって、繁閑期は異なります。
決算前というのは事務処理が増えますから、
季節や月でだいたい忙しい時期が決まっているような
業種、業態であれば、それを想定して
決算月の設定を行えば、
円滑に業務を遂行していくことができます。

 

色々な事例を見てきた税理士からアドバイスをもらえる

税理士はいろいろな業種の顧問をしている方であれば、
その実態を見てきていますから、
過去の事例を参考に適切なアドバイスをしてもらえます。

 

また、税理士は顧問先を絶対に潰したくないので
全力で応援します。
ですから、場合によっては顧問先どうしやさまざまなつながりで
WinWinな関係が築けるような方ろ
つないでもらえるということもあるかもしれません。

 

とある税理士さんは定期的に、顧問先の交流会を開いて
親睦を深めているという方もいるようです。

 

すでに経営をされてきた方でも顧問税理士をつけることで、
税金以外でも、資金調達のアドバイスや、資金繰り、
経営についてアドバイスをもらうことができます。

 

税務調査

税務調査の際はなんといっても税理士がたよりになります。
税務調査はいつくるかわからないものですが、
顧問税理士がついていることによって、事務処理から、
精神的な面も含めかなり負担は軽減されるでしょう。

 

このように税理士はただ単に帳簿付けや、税金の計算、節税を
行うだけでなく、経営者をサポートしてくれる存在ですので、
お困りの際はご相談を検討してみてはいかがでしょうか?

 

資金調達に強い近場の税理士を探すことができます↓

 

税理士に相談できること、依頼するメリット起業、開業、経営に役立つ知識トップへ

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク