独立起業する際のフランチャイズ契約のメリット・デメリット

独立起業する際のフランチャイズ契約のメリット・デメリット

フランチャイズ契約とは、ブランド力、ノウハウを持つ企業に
契約料やロイヤリティを支払って、
商標の使用の許可を受け、
材料や商品の仕入れから、
経営ノウハウを提供してもらうという契約です。

 

本部を「フランチャイザー」、
加盟するお店を「フランチャイジー」
といいます。
フランチャイザーとフランチャイジーは、
相互に独立し、採算も独立した関係となります。

 

フランチャイズ契約のメリット

フランチャイズ契約のメリットは、
なんといっても知名度、宣伝力であり、
培われた経営ノウハウをそのまま導入でき、
少ない資金でフランチャイズに加盟して
お店をオープンし、開店当初から安定した経営を期待できる
という点があります。

 

フランチャイズ契約のデメリット、注意点

デメリットとしては、本部が築き上げた看板を背負うため、
自由が制限される場合もあります。
起業家独自の独創性のあるアイディアや、
自分のつながりで仕入れを行うということも
かなり制限されることになります。

 

また、フランチャイザーとの契約内容であとあともめたり、
中には、加盟料をもらったら、サポートが行われなかったり、
追加の料金を請求されるなど、
トラブルになることもあるようですので、
フランチャイザー選びと、契約内容は十分に精査して
契約することが必要です。

 

悪質な業者は例外だとは思いますが、
良好なフランチャイズ契約を結んで、開業すると、
さまざまな困難をスムーズにクリアして独立開業したい方は
ぜひ考えていただきたい選択肢です。

 

集客は大変

実際、どんなビジネスでもそうですが、
自分の名前を掲げて独立開業した際は、
世間の人に認知し、信頼してもらうまで、
大変な労力を要します。

 

コンビニや飲食店などでアルバイト経験をしたことがある方は、
もしかしたら、お客さんはお店を出せば勝手に来てくれるもの
というイメージがあるかもしれませんが、
出来たての無名のお店は、
本当にお客さんを集めるのに苦労します。

 

まず、お客さんに来てもらい、そのお客さんに
また行きたいと思うお店を心がけ、
努力を続けた結果、アルバイトを雇わないと回らないくらいまでに
なったところに、アルバイトを導入するので、
アルバイトで入った人は、最初の大変さというものがわからないわけです。
(私もそうでした(笑))

 

ですから、フランチャイズの「看板、宣伝力」の
パワーをもしかしたらイメージできない方も多いかもしれませんが、
本当にこのパワーは絶大です。

 

このようにフランチャイズ契約は、
フランチャイザーが培ってきたノウハウを学びながら、
自分自身も成長していくということにつながるかと思いますので、
独立起業を考える方の選択肢のひとつにしていただければと思います。

 

200以上の独立・起業情報を掲載!資料請求無料!

 

独立,起業,フランチャイズ契約起業・開業の手続き(役所の書類、保険)に関する情報トップへ

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク