起業・開業の手続き(役所の書類、保険)に関する情報

開業、起業の役所の手続き、申請などは専門家に依頼するべきか?自分でやるべきか?

開業、起業の際に、役所の手続き、申請など
やることはたくさんあります。
これらの手続きは、起業家、経営者の方が
自分で調べてやろうとすれば、
できないことはありません。
今回は、これらの手続きなどを専門家に依頼すべきか、
自分で行うべきか
というお話をしていきたいと思います。

 

法律相談は弁護士、法務局への登記は司法書士、
許認可などの申請は行政書士、税金関係は税理士、
労使関係、社会保険などは社会保険労務士、
特許、商標などについては弁理士など、
さまざまな申請、手続きにはそれぞれ専門家がいます。

 

これらの手続きについて、サイトや書籍などで、
「自分でできる」とやり方を解説したものもありますので、
数万円の出費をおさえるために、自分で調べてやる方もいらっしゃいますが、
これは果たして本当におトクなのでしょうか?

 

経営者は、おさえられる経費は極力おさえて、
ムダを省いた倹約をすることは重要だとは思いますが、
適切なお金の使い方をすることはもっと重要です。

 

私は本やネットで調べて、
がんばって面倒な手続きをこなすよりも、
専門家に任せて、そのぶん本業に専念した方が
トータルでメリットが大きいと考えます。
(数万円の経費を浮かす時間に、本業を行っていれば
その何倍もの価値を生み出しているという場合もあるでしょう)

 

専門家に依頼するメリット

専門家に任せることで、本やネットの知識では補いきれない
各種業界特有の慣習や、ローカルルールの違いなど
不測のリスクを回避することもできるといった、
手続きそのもののメリットもさることながら、
そういった専門家の「お客になる」ということがなにより重要だと思います。

 

ビジネスは結局、人と人とのつながりですので、
いろんな業種とつながりのある専門家のお客になることで、
知らない知識を得ることができるかもしれませんし、
ビジネス・パートナーを紹介してもらえる
ということにつながるかもしれません。

 

例えば、とある税理士の方は、定期的に顧問先の方を集めてパーティを行い、
交流会でビジネスの輪を広げている方もいらっしゃいます。

 

事業を始めようという方は、「営業」というと、飛び込み営業を
想像する方もいるかもしれませんが、実はそのようなものだけでなく、
「自分がお客になる」という行動が、自然と仕事につながる
「営業」となったりするものです。

 

自分がお金を払ってお客になれば、
心置きなく会話チャンスがあり、何かが生まれるチャンスに
巡りあいやすいのです。

 

つまり、専門家に依頼することは、
「自分への投資」として、本やセミナー、交流会に出かけたりするのと
同じく、将来の価値を見据えてお金を使うという
投資活動ととらえることもできるわけです。

 

ですから、今回は開業、起業の際の専門家、
主に士業と呼ばれる方々に依頼するかというお話でしたが、
これら士業は様々な業種の人脈が豊富な方も多いので、
そういったことを踏まえて、数万円の経費でトクしたソンしたと
チマチマ考えるのではなく、経営者として大きな視野で物事を持って
検討していただければ、世界が広がりますというお話でした。

 

 

起業,開業,手続き,役所,書類,保険起業・開業の手続き(役所の書類、保険)に関する情報トップへ

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク