契約書を作成する際のポイント、注意点

契約書を作成する際のポイント、注意点

契約は契約書を作成せずに、口頭だけの約束でも有効に成立しますが、
会社間の取引を行う際は、契約書を作成することが非常に重要となります。

 

取引を行うどうし、どちらが契約書を作成してもよいわけですが、
基本的に契約書は作成した側が有利に作られます。

 

ですから、取引先が契約書を作成した際に、
「手間が省けてラッキー」とハンコを押すのでなく、
契約書の作成の段階からしっかりとイニシアチブを取り、
できれば自社の側で作りたいものです。

 

しかし、取引先との事実上の力関係などから、
相手方の作成した契約書にサインしてハンコを押す場面もあると思いますが、
その際も、契約書をしっかりチェックし、
自社に不利な点などはハンコを押す前に訂正や妥協案を提示するなど、
取引の開始前にしっかりと足場を固めておきたいところです。

 

今回は、自社が契約書を作成する際も、相手方が作成してきた場合においても
役立つチェックポイント、注意点について説明します。

 

基本契約書の作成は重要

会社間で継続して取引を行う際には、基本契約書を交わした上で、、
その都度注文書や、納品書などを発行し、個々の取引を行うこととなります。

 

最初に定めた「基本契約書」の内容がその後の取引を拘束することになりますので、
基本契約書の作成はしっかりとしていきたいところですが、
特に重要な点は、あとあとトラブルになりやすい
支払いの条件、納期、商品・サービスに欠陥があった場合の処理
といった点です。

 

自社が支払いをする側であれば、支払いは遅い方が資金繰りに余裕が出ますし、
逆に自社が支払いを受ける側であれば、できるだけ早く売掛金を回収したいところです。
一度決まったものの変更を依頼するのは非常に大変ですから、
契約の際に、自社の希望に近づける努力をしましょう。

 

欠陥があった場合の処理を決めておくのは非常に重要

量産のようにいくらでも替えの効く商品であれば、
商品に欠陥があった場合に、欠陥のない正常な商品を納入することで事足りますが、
一点、一点個性のある換えの効かない商品の場合、
あらかじめ、欠陥があった場合の処理を決めておくのは非常に重要です。

 

具体的には、商品を受け取った側が、受け取ってから何日以内に検品をし、
欠陥、不具合がない場合は、検収確認書を相手方に発行するというような決まりと、
欠陥、不具合があった場合は、相手方の負担でこれに替わる商品を納入し、
またこれを検品した上で、合格であれば検収確認書を相手方に発行するというような決まりを
設けておくのが重要です。
また、検品では発見できないような隠れた欠陥(法律用語でこれを瑕疵(かし)といいます)が、
あった場合の処理も定めておく必要があります。
この場合も相手方の負担で、再度、正常な商品を納入することなどを
定めておきたいところです。

 

扱う商品やサービス業種、業態によって、発生しうるトラブル

その他、扱う商品やサービス業種、業態によって、発生しうるトラブルについて
そのような場合どのように処理するのかをあらかじめしっかり定めておくことで、
トラブルになった際に、余計な費用、労力を使わずにすむので、
しっかりと固めておきたいところです。

 

契約書はひな形、テンプレートで自社で作成してもよいですが、
より慎重に、弁護士や行政書士といった契約書のプロに依頼することで
しっかりとしたものを作れますので、数千円、数万円の契約書作成費用で、
数百万、数千万を守ることになりますから、専門家への依頼も検討していただければと思います。

 

お住まいの地域で予算、都合に合う優秀な弁護士の探し方

 

契約書,作成,ポイント,注意点起業、開業、経営に役立つ知識トップへ

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク