手付金(証拠手付、違約手付、解約手付)、申込証拠金とは?返還義務について

手付金、申込証拠金とは?返還義務について

「手付金」とは

「手付金」とは、売買契約や請負契約などの契約を結ぶ際に、
その保証として当事者の一方から相手方に交付される金銭のことをいいますが、
証約手付、違約手付、解約手付の3種類があります。

 

証約手付

「証約手付」とは、契約の成立の証拠という意味合いで、
他の手付にもある性質です。
契約の際に、お金を一部渡すことで、
本気で契約をする気があるという証明の意味合いがあります。

 

違約手付

「違約手付」は、契約後に債務不履行などがあった際に、
違約金という性質を持ち、これら没収したり、
受領した金額の倍額を相手方に支払うというものです。

 

解約手付

「解約手付」は、支払った手付金を放棄あるいは、
受け取った手付金の倍額を返還して契約を解除することができる
という性質の手付金です。
契約締結時から相手方が履行に着手するまで、
いつでも契約を解除することができます。
(自分が履行に着手しても相手が履行に着手していなければ、
解除できます)

 

証約手付は、すべての手付に備わる性質ですが、
違約手付、解約手付は、当事者の取り決めによるものです。
ただ、当事者で何らの取り決めもない場合は、
解約手付の性質を持つものとして考えられます。

 

申込証拠金は手付金か?

「申込証拠金」というものがありますが、
これをどのような「手付金」として扱うかどうかは、状況によります。

 

支払われた金額が売買代金と比べてあまりに少額の場合は、
未だ売買契約は成立しておらず、
買主はこれを放棄することで売買契約を解除できる
性質のものと考えるのが妥当といえます。

 

逆に金額が売買代金に比して多額の場合、
これは売買代金の一部として、
手付金ではなく、債務の履行の一部だと
とらえるのが妥当です。
つまり、この代金を放棄、あるいは、倍額を返還して
契約を解除するということはできないと考えられます。

 

いずれの場合も、明確な基準のない部分ですので、
微妙な場合は、弁護士などの専門家に相談してみるとよいでしょう。

 

お住まいの地域で予算、都合に合う優秀な弁護士の探し方

 

手付金,申込証拠金,返還義務起業、開業、経営に役立つ知識トップへ

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク