不良在庫を管理して、資金繰りの改善につなげる方法

不良在庫を管理して、資金繰りの改善につなげましょう

在庫が滞留すると資金繰りの悪化につながる

在庫をしっかり管理することは、企業の運営を円滑にするということにつながりますし、
経済効率、つまり資金繰りをよくすることにもつながります。

 

在庫は多すぎても、少なすぎても問題が生じます。

 

在庫が多すぎると、資金繰りの悪化につながったり、
製品のライフサイクルが短縮している中では、
製品の陳腐化となったり、在庫を管理するためのスペースや経費がかさんだりするという
問題が生じます。

 

在庫が少なすぎると、品切れによる機械損失、信用低下となったり、
資材や部品の欠品により、生産期間の長期化につながったり、
在庫切れの緊急発注により、
通常のコストより多くかかったりという問題が生じます。

 

適切な在庫状態を認識し、できるだけその状態に近づけることが重要です。

 

在庫管理をして資金繰りの改善につなげる方法

在庫管理をして資金繰りの改善につなげる方法として、
不良在庫を処分する際に、不良在庫にランクをつけるという方法があります。

 

よく売れるもの、資材、部品などとしてよく使うものから、
何段階にわけて、めったにつかわないものまでに
ABCDとランクわけしてみましょう。

 

この中で、あまり売れない、使わない在庫にランクされた
C、Dあたりを積極的に処分していきましょう。

 

返品可能なものであれば返品、あるいは割引して販売するなどし、
不良在庫を現金化し、常に在庫、ストックを健全な状態に保っておくと
資金繰りの改善につながります。

 

今回のお話は、ごくあたりまえの話に感じるかもしれませんが
なんとなくで在庫を管理よりも、しっかりランクづけしておくだけで、
在庫管理の意識が高くなり、不良在庫を処分するキッカケになり、
単純な話ですが、これだけで行動につながったりしますので、
ぜひとも実践していただければと思います。

 

 

不良在庫,管理,資金繰り,改善財務会計に関する情報トップへ

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク