キャッシュフロー計算書とは?見方と分析、簡単なチェックポイント

キャッシュフロー計算書とは?見方と分析、簡単なチェックポイント

キャッシュ・フロー計算書とは、
キャッシュ(現金)のフロー(流れ)をつかむためのものです。
損益計算書では、売上に対して、経費を差し引いて、
どれだけの利益を上げたかという数字がわかりますが、
現金がどれだけあるのかということがわかりません。

 

売上として計上されていても、その支払いをまだもらっていない場合、
手元に現金がないということになります。

 

手元に現金がないときに、自分の支払いが来てしまうと
数字上はしっかりと利益が出ているのに、
「勘定合って銭足らず」となり、
倒産ということにもなってしまいます。
(これがいわゆる黒字倒産です)

 

ですから、売上、利益を計算するだけでなく、
実際に現金としての出入りがどうなっているのかを
つかむためのものがキャッシュフロー計算書というわけです。

 

キャッシュフロー計算書は3つの活動別で構成されます。
@営業活動によるキャッシュフロー
A投資活動によるキャッシュフロー
B財務活動によるキャッシュフロー

 

営業活動によるキャッシュフローは、
商品やサービスを販売することによって得られた現金の動きを示したもので、
3つのキャッシュ・フローの中で最も重要な部分です。
営業キャッシュフローは、多ければ多いほどよく、
ここがマイナスという状態ですと、これをプラスにすることが急務となります。

 

投資活動によるキャッシュフローは、
不動産や機械設備などの売買による現金の動きを示したものです。

 

財務活動によるキャッシュフローは、
銀行などの金融機関からの借り入れと返済による現金の流れを示したものです。
借り入れをすればプラス、返済をすればマイナスとなります。

 

優良な企業は、
営業活動によるキャッシュフローがプラス
投資活動によるキャッシュフローと
財務活動によるキャッシュフローがマイナス
となっています。

 

本業による現金のストックがあり、将来のための設備投資が適切に行われ、
金融機関への返済もしっかりとされているという状態です。

 

営業活動によるキャッシュフローと、
投資活動によるキャッシュフローの合計を、
「フリーキャッシュフロー」
といいます。

 

これらの活動から得た現金は自由につかえる現金ということから、
「フリー」というわけです。

 

これに対して、財務活動によるキャッシュフローは
銀行からの借り入れで得た現金ですので、返済が必要になる現金です。

 

フリーキャッシュフローでこの財務活動によるキャッシュフローを
返済していくわけですので、このバランスが重要です。

 

財務活動によるキャッシュフローがフリーキャッシュフローを超えている状態は、
資金不足により、新たな借入が必要ということで、
経営が苦しくなっていきますので、このバランスを考慮して上で、無理のない
資金計画を立てる必要があります。

 

 

キャッシュフロー計算書とは,見方,分析資金調達についての情報提供コーナートップへ

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク