なぜ会計帳簿をつけるのか?会計帳簿のつけ方

なぜ会計帳簿をつけるのか?会計帳簿のつけ方

青色申告で確定申告を行う場合、複式簿記等の手法に基づいて帳簿を記載し、
その記帳から正しい所得や所得税及び法人税を計算して申告しなければなりません。

 

では、なぜ帳簿をつけ、しっかりとした経理処理をしなければならないのか
ということですが、これは税務署のためではなく、
事業者自身のために行うのです。

 

売上がいくら上がっていて、経費がどれぐらいかかっているのか、
今どれぐらいの資金があり、今月、来月にどのぐらいの支払いがあるのか、
このようなことをしっかりと把握しておく必要があります。

 

しっかりと帳簿をつけることで、経営状況を数字で把握し、
適切な経営判断をすることに役立ちます。

 

帳簿は主に、現金出納帳、普通預金出納帳、
売掛帳、買掛帳、賃金台帳、固定資産台帳、
総勘定元帳などといったものがあります。

 

各事業者がしっかりとした帳簿をつけて、計画的な経営を行うことで、
結果的に、それが経済の発展にもつながっていくということで、
「青色申告」によるしっかりとした経理処理を要求し、
そのかわりに税金面で優遇を与えるというシステムになっています。

 

「しっかりした経理処理」ということですが、
このご時世はパソコン、会計ソフトという文明の利器がありますので、
そこまで構えて不安になることはありません。

 

会計ソフトにしたがって入力していくだけで、必要な帳簿を完成させることができます。

 

弥生会計

会計ソフトは様々な種類のものがありますが、どのソフトを基本的な構成は似ています。
一番利用されているのは「弥生会計」です。

 

 

税理士も「弥生会計」をつかっている方が多いので、後々顧問税理士をつけようかと
お考えの方は「弥生会計」を使っているとスムーズかと思います。

 

税理士に記帳の仕方や仕訳の仕方を
相談する際も、同じ会計ソフトだとスムーズかと思います。

 

その他にももっと価格の安いものもありますので、
電気屋さんのパソコンソフトコーナーあたりで探すことができますので、
導入を検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

会計帳簿のつけ方,会計ソフト,経理ソフト資金調達についての情報提供コーナートップへ

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク