事業計画書の書き方や作成例、テンプレート(ひな形)

事業計画書の書き方や作成例、テンプレート(ひな形)について

事業を開始する前に「事業計画書」を作成するわけですが、
実はそこまで、難しく考える必要はありません。
要は、あなたが、どんなビジネスでどんな収益を上げるのかということを
紙に落としこむという作業などで、決まった形に当てはめることに頭を使うよりも、
あなたのプランの実現に必要なことを全力で考えるべきです。

 

ただ、漠然と白紙に向かっても、どこから書きだそうか悩んでしまうかもしれません。
事業計画書に盛り込むべき点としてよく言われるのが、
「6W2H」
です。

 

事業計画書に盛り込むべき「6W2H」とは

「6W2H」とは、次のものです。
「Why?」「What?」「When?」「Who?」「Where? Whom?」
「How much?」「How to?」

 

のことですが、これらの事項、すなわち、

 

「(Why?)なぜこの事業を行うのか?」

 

「(What?)商品やサービスは何か?」

 

「(When?)いつのタイミングで行うのか?」

 

「(Where? Whom?)どのような市場、ターゲットに向けておこなうのか?」

 

「(Who?)誰、どんな人物が行うのか?」

 

「(How much?)いくらで行うのか?」

 

「(How to?)どのような特徴で、どのように行うのか?」

 

これらの点について書き出してみるとよいでしょう。

 

これらの点について書き出す事ができましたら、
資金調達のために金融機関に提出するものとして
事業計画書を作成する場合は、
創業者の多くが利用する日本政策金融公庫で
所定の用紙がありますので、それに落としこんでいきましょう。

 

こちらから各種書類の用紙をダウンロードできますので、
ご利用ください。
https://www.jfc.go.jp/n/service/dl_kokumin.html

 

なお、この用紙の枠は比較的小さめですので、
あなたやあなたが行う事業についての強みや魅力を
書ききれない場合もあるかと思います。

 

そのような場合「別紙に記載」として、
自分で任意の紙に記載して提出することも可能です。

 

資金調達の専門家や税理士さんに融資に相談しようとお考えの方も、
当然ですが、事業計画書は、
事業を行うあなたが作成するものですので、
ある程度、自分の想いをまとめてから専門家に相談した方がスムーズです。

 

資金調達についてサポートする事業はさまざまありますが、
事業開始後、顧問税理士をつけようとお考えの方は、
資金調達が得意な税理士に依頼し、
事業計画の相談にものってもらい、資金調達、
事業開始という流れにするのがスムーズかと思います。

 

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク