使い切れなかった年次有給休暇を翌年度に繰り越しできるか

使い切れなかった年次有給休暇を翌年度に繰り越しできるか

労働者が年次有給休暇を消化しきれなかったとき、
余ったものを翌年度に繰り越すことができるのかという点について、
実は見解が分かれ、肯定する考え方と、否定する考え方がありますが、
労働基準法は、
年次有給休暇の時効を、2年としていることから、
実務上は、年次有給休暇は
繰り越してつかうことができるという扱いが多く、
この扱いは労働基準法に違反しません。

 

繰り越した年次有給休暇があるとき

繰り越した年次有給休暇があるとき、
翌年度につかう年次有給休暇は今年度のぶんから消化されていくのか、
去年度のぶんから消化されていくのかという点ですが、
使用者と労働者の合意がない場合は、民法の規定が適用され、
原則として使用者が去年度ぶんか今年度ぶんかを指定することになり、
使用者が指定しない場合は労働者が指定することになり、
双方が指定しない場合は、今年度ぶんに充当されると解されます。

 

合意がない場合は、このような規定となっておりますが、
あらかじめ労使間で繰越ぶんについて合意をしておくのが
よいでしょう。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク