労働基準法 休日の振替(振替休日)と代休の違い

労働基準法 休日の振替(振替休日)と代休の違い

休日の振替(振替休日)

休日の振替とは、あらかじめ休日と定められていた日を労働日とし、
そのかわりに他の労働日を休日とすることを言います。
単に「労働する日と休日を入れ替える」ということですので
「休日労働」とはならず、休日労働の割増賃金は発生しません。

 

ただし、休日の振り替えにより、1日に8時間を超えて残業させたり、
1週間の労働時間が40時間を超えて労働させる場合には、
三六協定が締結されている必要があり、
時間外労働の割増賃金の支払いが必要です。

 

また、労働基準法では原則として
最低でも4週間に4日の休日を与えることを義務付けています。

 

ですので休日の振り替えを行う場合は、
振り替えた後の勤務日程が
「4週間につき4日以上の休日」
という条件を満たしている必要があります。

 

休日の振り替えを行うには、
あらかじめ就業規則などで振替休日について定め、
あらかじめ振り返るべき日を特定し、
遅くとも、前日の労働時間内に労働者に通知し、
振り替える日を4週間以内に特定する必要があります。

 

代休

代休とは、休日の日に労働が行われた場合に、
そのかわりとして、以後の特定の労働日を休みとするものです。

 

こちらは休日労働となりますので、割増賃金を支払う必要があります。
使用者は、割増賃金を支払えば、
労働者に代休を与える義務はありません。

 

代休を与えても、代休日の賃金について支給しない旨
就業規則などに定めておけば、支払う必要はありません。

 

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク