労働基準法の定める休憩時間。パート、アルバイトの場合は?

労働基準法の定める休憩時間。パート、アルバイトの場合は?

使用者は、労働者に対して、
労働時間が6時間〜8時間以内の場合は少なくとも45分、
8時間を超える場合は少なくとも1時間

の休憩時間を労働時間の途中に与えなければなりません。
これは正社員だけでなく、パート、アルバイトの場合も同様です。

 

休憩時間

「休憩時間」は、
労働者が労働から解放されることを保障された時間のことをいいますので、
作業をしていなくても、いつ仕事を頼まれるかわからない
という状態は休憩時間とはいえません。

 

電話番や来客対応はに備えている状態は休憩時間ではなく、
労働時間として扱われることになります。

 

原則として休憩時間は、一斉に与えなければならない

原則として休憩時間は、一斉に与えなければならない
ということになっていますが、当該事業場に、
労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においては
その労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては
労働者の過半数を代表する者との書面による協定があるときは、
個別に与えることも可能です。

 

一斉に与えると業務に支障の出る仕事の方が
多いと思いますので、使用者は、この協定をしておきたいところです。

 

また労働基準法は、使用者は、休憩時間を自由に利用させなければならないとしています。
つまり、休憩時間は何をしてもよいというのが一応の建前ですが、
やはり仕事の都合上、そうもいってられないこともあるかと思います。

 

行政判断や判例も、労働者の休憩時間の使い方について、
企業秩序や企業の施設管理権と抵触し、
企業活動に支障をきたす場合には、
就業規則などにより、組合活動や政治活動その他の行為を
制限することができるとしています。

 

ただし、このような企業秩序や施設管理権と
抵触する具体的危険もないのに活動を制限することは、
不当労働行為に該当する場合がありますので、注意が必要です。

 

デリケートな問題に関しては、社会保険労務士、弁護士といった労働の専門家に
ご相談されることをオススメします。

 

お住まいの地域で予算、都合に合う優秀な弁護士の探し方

 

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク