時間外労働の上限は?伸長するには?

時間外労働の上限は?伸長するには?

労働基準法では、
1週40時間、又は、1日8時間
を超えて労働させてはならないと規定されています。
(一部の業種においては1週44時間のものもあります)

 

使用者は、労使間で時間外労働の協定を
結び、時間外労働をさせることができます。
(これら労働基準法36条に基づくことから「三六協定」といわれています)

 

ちなみに、三六協定が締結されている場合、
法律的に、労働者は時間外労働に応じる義務はあるのか
(つまり時間外労働を拒むことはできるのか)
という点ですが、この点は実は見解がわかれていて、
法定されたものではありませんが、
就業規則や労働協約中に時間外労働に服すべき旨が定められている場合、
それが労働協約の内容となり、時間外労働の義務があると
解するのが妥当だとされています。

 

三六協定が締結されても、
時間外労働は必要最低限にとどめるべきもので、
無制限に認められるわけではありません。

 

時間外労働の上限

時間外労働の上限は以下のようになっています。

 

1週間については15時間まで
2週間について27時間まで
4週間については43時間まで
1ヶ月については45時間まで
2ヶ月については81時間まで
3ヶ月については120時間まで
1年については360時間まで

 

これ以上、労働者に時間外労働をさせる場合には、
労使で特別条項付きの時間外労働協定
を締結する必要があります。

 

特別条項付きの時間外労働協定を締結する場合

特別条項付きの時間外労働協定を締結する場合は、
限度時間を超える時間外労働に係る割増賃金を定め、
その率は25%を超えるよう努めることが必要です。
また、限度時間をできるかぎり短くするよう努めることとされています。

 

「努める」という努力義務ですので、強制的なものではありませんが、
時間外労働やそれを超える労働も、あくまで「例外的なもの」という認識をもち、
時間外労働が常態化しているような場合は、適切な労働配置を心がけ、職場環境の健全化と、
人件費の適切な運用について、問題意識を持つ必要があるのかもしれません。

 

お住まいの地域で予算、都合に合う優秀な弁護士の探し方

 

労使関係の情報提供コーナートップへ

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク