社員研修は労働時間になるかどうかの判断について

社員研修は労働時間になる?

まず「労働時間」とは、労働者が使用者の指揮命令に服し、
労務を提供している時間のことをいいます。

 

これは現実に作業をしている時間はもちろん、
「使用者の指揮命令に服している時間」も含みますので、
この状態であれば待機している時間も、
「労働時間」となります。

 

使用者がその研修への参加を強制しているかどうか

社員の能力を高めたり、あるいは同時に社員の親睦を深め、
職場の士気を高めるといったことを含め、
日時や場所もさまざまにいろいろなことを
「社員研修」と呼べれるイベントがありますが、
この時間が労働時間となるか否かは、
使用者がその研修への参加を強制しているかどうか
によって決まります。

 

社員研修への参加が自由なものであれば、
その時間は労働時間ではないということになります。

 

ただし、この研修に参加しないことで、
就業規則上で懲戒処分や不利益を受けたり、
人事考査の上で不利益になるといった場合、
あるいはこの研修に参加しないことで、業務遂行に支障をきたすなど、
事実上、参加が強制ととらえることができるものは、
労働時間として扱われることになります。

 

強制か自由参加かは実質的に判断される

ですので、使用者が「自由参加」だと言ったとしても、
自由参加であるか否か(強制参加であるか否か)は、
実質的に判断されるということになります。

 

この社員研修の時間を労働時間とすると、
が法定労働時間を超えるという場合には、
労使間で締結した時間外労働の協定の届け出を
あらかじめした上で、社員研修の時間は、時間外労働として、
割増賃金を支払う必要があります。

 

使用者が社員研修を行う際、すべて「労働時間」として扱い賃金を支払うのが
一番無難だとは思いますが、やはり当然人件費コストがかなりかかりますので、
労働時間扱いしないことにしたい場合は、専門家に相談してみるとよいでしょう。

 

お住まいの地域で予算、都合に合う優秀な弁護士の探し方

 

労使関係の情報提供コーナートップへ

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク