認定NPO法人申請に必要な書類について

認定NPO法人申請に必要な書類について

NPO法人が国税庁長官の認定を受け、
「認定NPO法人」となるための申請について
説明します。

 

NPO法人の認定は、申請してから2〜4ヶ月ほどの
時間がかかります
ので、それを見据えて
書類作成、申請にのぞんでください。

 

申請先は、NPO法人のその主たる事務所の所在地の所轄税務署長
(そのNPO法人に法人税等の納税地がある場合には納税地
の所轄税務署長になります)を経由して、
国税庁長官に提出することとされています。
ということでとりあえず、
申請する場所は、事務所所在地を管轄する税務署です。

 

認定特定非営利活動法人としての認定を受けるための申請書

申請書の記載事項

認定特定非営利活動法人としての認定を受けるための申請書には、
次の事項を記載します。

 

@ 申請者(NPO法人)の名称及び主たる事務所の所在地又は納税地
A 代表者の氏名
B その設立の年月日
C 申請者(NPO法人)が現に行っている事業の概要
D その他参考となるべき事項

 

申請書の添付書類

そして申請書の添付書類として、

・認定を受けるための要件を満たしていることを説明する書類
・寄附金を充当する予定の具体的な事業の内容を記載した書類
・寄附者名簿(実績判定期間内の日を含む各事業年度分)

が必要です。

 

申請書及びその添付書類は、正本に加え副本2通(合計3通)を提出します。

 

なお、これらの書類について、準備する前に、
税務署に問い合わせると事前相談ができますので
この事前相談を経てから、書類の作成、提出をすることをおすすめします。

 

まったく白紙で手ぶらで事前相談にのぞむのではなく、
かといって、完全に作り上げてからのぞむのでもなく、
ある程度のたたき台を作り上げて、
「このような具合でよろしいでしょうか」
といってアドバイスをもらいにいくぐらい
が、
作成者としても、税務署の窓口としてもやりやすくスムーズかと思います。

 

 

認定NPO法人,申請,必要書類法人化、許認可等に関する情報提供コーナートップへ

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク