会社の実印(代表印)を作る際はサイズに注意しましょう

会社の実印(代表印)を作る際はサイズに注意しましょう

株式会社の設立登記をする際に、
株式会社の代表取締役の代表印(いわゆる会社の実印)
を登録します。
(個人の印鑑登録は市町村役場にしますが、
会社の代表印の印鑑登録は法務局でします)

 

この代表印は登記申請の際や、重要な契約書などで
つかったりします。

 

会社の実印(代表印)を作る際の注意点

気をつけたいのは印鑑のサイズですが、
1辺の長さが1cmを超え、3cm以内の正方形に収まるサイズで、
かつ、照合しやすいものでなければいけません。

 

陰影が複雑すぎたり、簡単すぎるものは
認められない場合もあるようですので、注意しましょう。
丸い円形の印鑑を外周と内周に分け、
外周には「○○株式会社」と正式な商号(会社名)、
内周には「代表取締役印」というふうに、彫るのが一般的です。

 

 

このような作りが一般的ですが、これは法律上の決まりではなく、
ひらがな、カタカナ、漢字などつかう文字に
決まりはなく、極端な話、会社名と関係のない文字の入った印鑑でも
登録することはできるようですが、
おそらくかなり不便をすることになると思うので、
無難な作りにするのがよいかと思います。

 

サイズや複雑さの注意点も含め、
会社の代表印の作成しているハンコ屋さんに、
「会社の実印を作りたい」と伝えれば、
まあ、法務局ではねられるハンコを作ることはないでしょう。

 

 

なお、法務局に登録せず、日常の取引業務で使用する
「社印」は会社の実印とは別で用意しましょう。

 

こちらは四角い形で1辺2cm前後のものが一般的です。
請求書、領収書、納品書、見積書などの書類には、
こちらのハンコを使いましょう。

 

銀行印と代表印は別にすべき

また、これとは別に銀行に届け出るハンコの
銀行印も用意しましょう。

 

なお、代表取締役の日常の取引で使用するハンコは、
会社の実印をつかってもよいのですが、
使いすぎるとハンコが摩耗してきますので、
実印とは別に代表印を用意した方がよいかもしれません。

 

高級印材を使い、高品質手彫り仕上げ印鑑実印専門店INKANS.COM
ネット通販でオリジナル印鑑実印をご提供致します。



 

会社の実印,代表印,サイズ法人化、許認可等に関する情報提供コーナートップへ

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク