株式会社設立手続きの流れ、必要書類などの話

株式会社設立手続きの流れ、必要書類などの話

今回は、株式会社を設立する手続きの流れと
必要書類などについて大ざっぱな流れを説明します。

 

それぞれ細かい点については、
独立した回を設けて説明しますので、
そちらをご参照ください。

 

なお、株式会社設立の手続きは、起業家、経営者の方が
自分でやろうとすればできるかと思いますが、
私は専門家に報酬を払って依頼した方が、メリットは大きいと思っています。
その理由について詳しくはこちらの回をご参照ください。
株式会社設立手続き,必要書類会社設立の手続きは自分でやるべきか?

 

 

株式会社を設立する際は、
まず「定款」の作成から始まります。

 

「定款」とは、
会社の商号、本店所在地、資本金の額、発行可能株式数、発行価格
役員、事業年度、広告の方法、発起人、取締役の任期
などを定めた会社のルールブックのようなものです。

 

この定款は公証人の認証を受けなければなりません。
(公証人は公証役場という場所にいますので、
最寄りの公証役場を調べて認証を受けてください)

 

 

次に資本金の払い込みを行います。
引き受けた者がその数に応じた金銭の払込を行います。

 

会社の代表印(いわゆる「会社の実印」)
の登録を法務局で行います。

 

 

ちなみに、個人の印鑑証明書は市町村役場で取ることができますが、
会社の代表印(会社の実印)は、法務局で取ることになります。
法務局で会社設立の登記をすれば株式会社が完成となります。

 

設立登記の際の添付書類

・登記申請書
・定款
・払込証明書
・代表取締役の印鑑証明書
・資本金の額が会社法及び会社法計算規則に従って
計上されたことを証する書面

となります。
登記が完了したら、会社名義の銀行口座を作って、
資本金を会社名義の口座に振り替えて、
いよいよスタートということになります。

 

会社設立にかかる手数料

会社設立にかかる手数料は
登録免許税    15万円
定款認証手数料 5万2,000円
定款の印紙代  4万円(電子定款の場合0円)
ということで、最低でも20万円ほどかかります。

 

電子定款の場合、印紙代の4万円が0円となりますが、
電子定款を行うためのパソコンソフトなどがないと、
そのソフトの購入代もかかります。

 

大ざっぱな流れとしてはこのようになります。
細かい点に関しては、それぞれの回をご参照ください。
株式会社設立手続き,必要書類会社の実印(代表印)を作る際はサイズに注意しましょう

 

 

株式会社設立手続き,必要書類法人化、許認可等に関する情報提供コーナートップへ

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク