会社設立の手続きは自分でやるべきか?

会社設立の手続きは自分でやるべきか?

今回は、株式会社や合同会社とった法人成り(法人化)の手続きは、
自分ですべきか?というお話です。

 

ネットや本屋さんでも、株式会社の作り方として、
必要な手続きや書類の作り方、集め方を解説しているものはたくさんありますが、
実際に自分でやった方がよいのか、専門家に任せた方がよいのかということですが、
私個人的には、専門家に任せた方がメリットが大きいと思います。

 

株式会社や合同会社といった法人は、
必要書類を集めて、法務局で登記することで
一応、法人として完成します。

 

知識がない方でも自分で調べながら、法務局に質問しながら
一応の形を作ることは可能です。
(ただし、結構手間も時間もかかりますし、
ミスをしたら、何度も修正に時間がかかり、
本業に響きかねません。しかも会社が出来たら
この面倒な調べ物で得た知識はおそらくもう使わないでしょう…)

 

しかし、当然のことですが、
登記を完了させて会社を完成させることがゴールではありません。
一応、法人という形は出来上がったけれども、
あとあと不都合が生じるという可能性
はいろいろあります。

 

会社設立は専門家に依頼する方がよい?

例えば、許認可が必要な事業の場合、
定款の会社の目的に、必要な事項の記載がないために、
定款の修正が必要になったり、
資本金が1円でよいからといって、1円で作ってしまって、
金融機関との取引の際に不都合が生じたり、
あるいは役所以外でも、
定款の会社の目的の記載が不明瞭なために
取引を断られたりと、トラブルが発生する可能性もあるのです。

 

 

修正することは可能ですが、また、手間をかけて、
変更登記をするのに数万円単位の登録免許税がかかります。
ですので、こういったトラブルや手間に
時間、労力、お金をかけるぐらいならば、
専門家に依頼し、経営者の方は本業に専念するのがよい
と思います。

 

専門家に任せることによって、気付かなかったところや、
商慣習など話を聞くこともでき、
その専門家のつながりで
またビジネスが広がっていくということもあるのです。
ですから、単純に手間とお金だけを、
はかりにかけて考えるのではなく、
専門家に報酬を支払い、本業に専念しながら、
知識と人脈を広げるということもできるのです。

 

会社設立はどんな専門家に依頼すべきか?

では、どのような専門家に頼めばよいのかということですが、
行政書士、司法書士、税理士の士業に依頼するということになりますが、
私は、税理士に依頼するのが
一番メリットが大きいかと思います。

 

 

特に、会社設立後に顧問税理士を
つけたいと考えている方にとっては、
顧問税理士に依頼することで、
会社設立費用をサービスや格安料金
やってくれる税理士も多くいます。
場合によっては、
自分でやるよりも安くなる場合まであります。

 

しかも、銀行からの融資を考えている場合、
資金調達面に強い税理士にお願いすると、
会社設立、資金調達、そしてその後の顧問税理士と
ワンストップで依頼することができ
会社の内情を知り、的確なアドバイスを受け、
経営者の方はスムーズに本業に励めることと思います。

 

また、税理士さんはいろいろな業種の顧問先を持っていますので、
顧問先どうしで人脈が広がるということもあり得ます。

 

税理士さんも顧問先が潰れてしまっては困るので、
全力で顧問先の経営者の方々をサポートしますから、
その顧問先どうしでつながりを求めている場合、
つないでもらってWinWinの関係を築くこともできます。
実際、定期的に顧問先の経営者さまを集めて
飲み会のような交流会を開いている税理士の方も
いらっしゃるようです。

 

このように、会社設立に関する各種の手続き等は、
税理士に依頼するのが一番スムーズでメリットが大きいかと思います。
知り合いによい税理士がいない場合や、
会社設立業務や、資金調達面にあまり強くないといった場合は、
希望を伝えて、近所でふさわしい税理士を
マッチングしてくれるサービスもありますので
そういったものを利用するのもよいかと思います。

 

 

会社設立,手続き,自分で法人化、許認可等に関する情報提供コーナートップへ

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク