会社経営でノンバンクからの資金調達も視野に入れるべきか

会社経営でノンバンクからの資金調達も視野に入れるべきか

「ノンバンク」とは

「ノンバンク」とは、預金業務や為替業務を行わずに、
貸金業を行っている会社のことで、
消費者金融会社、信販会社、クレジットカード会社のことをいいます。

 

ノンバンクからの資金調達は
無担保であれば数十万円〜200万円前後の範囲が限度
だと思います。

 

有担保の場合は、その担保価値次第で、
億を超える資金調達ができる場合もあります。

 

ノンバンクのイメージとしては、高金利で、
手を出すと地獄を見るというイメージの方も
多いかもしれませんが、完全にダメなもの、タブーとしては
考えない方がよいかもしれません。

 

たしかに、他の金融機関への返済のお金をノンバンクに頼る
という状態は悪循環の始まりですので、
避けなければなりませんが、
事業において急に資金が必要で、その資金があることで
好転が望まれるような場合に、一瞬だけ頼り、
それによってすぐに返済ができるという状況であれば、
ノンバンクを利用することも選択肢に入れてよいと思います。

 

できれば決算前にノンバンクへは返済しておきたい

ただし、決算書の借入先内訳にノンバンクの名前があることで、
公庫、信用金庫、銀行の評価が下がり、
融資の引き上げを検討してくるということがありますので、
決算書に残さないよう、できるだけ決算前に返済を終えたいところです。

 

ノンバンクを利用するリスク

ノンバンクを利用するリスクはたしかにありますが、
健全な企業の経営において完全に
ノンバンクの選択肢を除外するというものでは
ないのかなと思います。

 

なお、ここでいう「ノンバンク」はもちろん、
法律の範囲内の金利で運営している
消費者金融をさしています。

 

「ヤミ金」は論外です。
違法な金利で融資を行うヤミ金業者などから借り入れを行うということは
絶対にやめておきましょう。

 

MRF
事業資金融資のMRF

 

 

ノンバンク,資金調達資金調達についての情報提供コーナートップへ

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク