金融機関(銀行)から融資を受けるためにまずすること

金融機関(銀行、信用金庫)から融資を受けるためにまずすること

今回は銀行や信用金庫から融資を受けるための
第一歩目のお話です。

 

地域の信用金庫や地方銀行から関係を作っていく

経営者が、銀行や信用金庫の金融機関にいきなり出向いて、
融資を申し込んでも、金融機関は警戒してしまいます。
話を聞いてもらったとしても、初見の状態で融資まで話をこぎつけるのは
なかなか険しい道かと思います。

 

そこで、まず銀行や信用金庫の金融機関とつながりを持つために
普通預金口座を開設し、その後、定期預金や
社員の給与振込み口座などを作り、
金融機関との取引を積み重ね、金融機関にとってのメリットを
積み重ねていきましょう。

 

自社の存在を金融機関に認知してもらい、
また、その経営についても取引履歴から信用が高まりますと、
銀行の方から投資信託などの提案をしてくれる場合もあります。

 

そこまでいきますと、金融機関は
あなたの会社を評価しているということですので、
融資についても前向きに、また、条件もよい条件の
交渉ができるようになっていきます。

 

時間がかかり、地道な方法ではありますが、
金融機関に関わらず、ビジネスにおいて取引先やお客さまに
自社を信用していただくには、時間がかかります。
信頼を築いていけるよう、焦らずじっくりと誠実に
経営をしていきましょう。

 

事業規模が小さい個人商店や、創業間もない会社は、
東京三菱UFJ、銀行みずほ銀行、三井住友銀行といった
メガバンクから融資を受けるのは、絶望的に厳しいので、
地域の信用金庫や地方銀行から、
このようなつながりを作っていきましょう。

 

一つの金融機関だけと取引をするのは危険

また、一つの金融機関だけと取引をするのも危険です。
その金融機関に融資を断られたらライフラインが途絶えるということに
なると大変危険ですので、
必ず、複数の金融機関と取引をすることで
リスクヘッジになりますし、各金融機関との交渉材料にもなります。
(各金融機関も、会社が他の金融機関とのつながりがあることは
百も承知ですので、それだけで悪印象になることもありません)

 

顧客、取引先、金融機関、すべてにおいて
一部に依存するような状態は危険ですので、
常に新しいつながりを持ち、徐々に成長していきたいものです。

 

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク