銀行からの借入れの返済のリスケジュールの交渉の仕方

銀行からの借入れの返済のリスケジュールの交渉の仕方

企業の資金繰りが悪化し、銀行からの借入の返済が厳しくなってきた場合、
銀行に対して、返済条件の変更を交渉することを
「リスケジュール(リスケ)」といったりしますが、
今回はその交渉の仕方についてのお話です。

 

本業の回復の見込みが全く期待できないような場合は、
法的整理を考えた方が経営者や、従業員、取引先なども含め
トータルですべての傷をできるだけ浅く、事業を終了させた方が得策ですが、
一時的な資金繰りの悪化で、倒産の危機がおとずれた場合は、
金融機関に返済の条件の変更を交渉し、
経営の立て直しを図ることに力を注ぐべきでしょう。

 

金融機関も、貸しつけたお金を回収できないまま貸付先が潰れてしまうことは絶対に避けたいですし、
実現性や妥当性のある変更プランであれば、
条件変更に応じてくれる場合は、多々あります。

 

リスケの交渉を行う前にすることと最初にすること

まず、企業の資金繰りが悪化し、銀行への返済が厳しい状態の場合、
交渉をする前に、売上の入金口座、定期預金は、
借り入れをしていない他の金融機関に移しておきましょう。

 

その上で、経営者は銀行に対してストレートに、
月々の返済額を減らしてほしい旨をお願いしましょう。

 

借入金が信用保証付きの融資の場合、金融機関と並行して、
債務保証をしている信用保証協会にも交渉をしましょう。

 

リスケを断られてもあきらめない

銀行がリスケを断る場合、
「信用保証協会が認めないのでリスケに応じることはできない」
という断られ方をされることがありますが、
信用保証協会がリスケに対して応じる姿勢を見せてくれれば、
金融機関もそれに応じてくれる可能性が高くなります。
一度や二度この交渉をはねのけられたからといって諦めずに、
粘り強く交渉する気持ちが大切です。

 

リスケの交渉時にもっていくもの

交渉の方法としては、手ぶらで口頭でお願いしにいくのではなく、
事業のこれまでの経緯、希望する返済状況のプラン、
そして、この条件に変更をしてもらえば、
今後このような方針と計画で事業を立て直し返済することができるという
計画を紙にまとめ、その変更条件依頼書を持参のうえ、
交渉します。

また、自社の努力もなしに、銀行にばかり交渉するのは、よろしくありませんので、
役員報酬のカットや、経費削減なども含めたリストラの提案をし、
最大限の自社努力をした結果、リスケを依頼している態度を伝えましょう。

 

金融機関がリスケにどうしても応じてくれない場合

金融機関がいくら交渉しても、リスケに応じてくれない場合は、やむを得ませんが、
返済をストップするしかありません。
この場合、当然金融機関から呼び出しがかかり、返済を要求され、
精神的にもかなり辛い状況は続くと思いますが、
ここでも粘り強くリスケの交渉を続けましょう。

 

リスケジュールは、経営者にとって非常に神経をすり減らすことで、
ひとりで悩むとさらにその状況は辛くなるかと思います。

 

事業再生、資金調達に詳しい税理士や専門家やなどに相談することで、
リスケ、事業再生の可能性が高まり、肉体的、精神的負担も減るかと思いますので、
そのような専門家に相談してみることも検討することをおすすめします。

 

 

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク